睡眠不足でニキビ・肌荒れができてしまう理由

睡眠不足でニキビ・肌荒れができてしまう理由

睡眠不足が肌に悪いというのは今さらいうまでもありません。


忙しくて睡眠不足が続くとどうしてもニキビや肌荒れといった肌トラブルがでてきますし、疲れが顔にでてきますよね。 これには当然理由があります。


睡眠不足が及ぼす肌への影響はというと、自律神経が乱れるのでホルモンバランスが崩れて皮脂量が増加します。 それから血行不良がおき、肌のターンオーバーが乱れて毛穴詰まりができやすくなります。乾燥もしますしね。


というようにニキビができる条件がこれでもかというぐらい揃ってしまうのが睡眠不足なんです。お肌のことを考えると 食事よりお風呂より、そしてスキンケアより実は睡眠のほうが大切というのはココだけの話です。


ということで、とにかく睡眠時間を確保するというのが一番大事です。最低でも6時間は確保したいですよね。 さらに余裕があれば毎日決まった時間に寝起きするという習慣をつけるようにすると睡眠の質が高まるので効果は倍増します。


睡眠時間がどうしても確保できない場合は、寝る前に深く長い呼吸をしたり、リラックスできるアロマの香りを嗅ぐなどして 副交感神経が優位になったリラックスした状態をつくってから寝るといいです。付け焼刃的な方法ではありますが、やるとやらないでは眠りの質は変わってきます。

睡眠不足では成長ホルモンの恩恵を受けられない!

睡眠不足では成長ホルモンの恩恵を受けられない! できてしまったニキビの悪化を防いだり、ニキビ跡を残さないようにするためにも睡眠をしっかり取ることは非常に重要です。


キーワードは「成長ホルモン」。


肌の再生と修復を促す成長ホルモンは睡眠時に大量に分泌されます。そのため睡眠不足の状態が続くということは肌の再生と修復が行われなくなることを意味します。


肌ダメージがどんどん蓄積されていく一方の状態が続くわけですからこれがどういった結果を招くかというのはあえて説明する必要はないでしょう。


ニキビがなかなか治らないばかりではく、ニキビ跡の数がどんどん増えて見事な汚肌が形成されることと思います。


睡眠不足の問題というのはまとめてしまうと、自律神経系、免疫系、内分泌系の機能に悪影響を与えてしまうことで 肌や身体が本来持っている機能を発揮できなくしてしまうことにあります。ニキビや肌荒れ程度で済めばいいほうです。


大人ニキビは生活習慣と密接な関係がありますが、一番影響が大きいのはなんといっても睡眠不足です。 そのためお肌のためにニキビのために生活習慣を改善しようと思ったらまずは睡眠時間を確保し、睡眠の質を上げることに取り組んでみてください。


普段のスキンケアは、、 顎(アゴ)ニキビ&ニキビ跡を防ぐコスメ
Copyright © 2014 顎(アゴ)ニキビを治す方法~再発&ニキビ跡を防ぐコスメ発表· All Rights Reserved·