ホルモンバランスの乱れによるニキビへの影響は2タイプ

ホルモンバランスの乱れによるニキビへの影響は2タイプ

ホルモンバランスが乱れるとニキビができるというのはご存じかと思います。特に女性であれば生理前になるとニキビができてしまうという人も多いはずです。


大人ニキビとホルモンバランスは非常に密接な関係がありますが、一体どういうことが身体の中で起きているかを知ることは 対策を立てる上でも役に立つと思うので、少し紹介しておきます。


まずホルモンバランスが原因でできてしまうニキビには2タイプあります。


・副腎皮質ホルモンの影響で男性ホルモン優位の状態になってしまうケース
・生理前に黄体ホルモンの分泌量が増加することで皮脂が増えるケース


前者については、ストレスと顎ニキビの関係のところでお話したとおりで、ストレスを受けると分泌される副腎皮質ホルモンの影響で 男性ホルモン優位のホルモンバランスになることで皮脂分泌が促進されてしまうというものです。


後者は女性特有のもので生理前になると男性ホルモンに似た働きを持つ黄体ホルモンの分泌量が増えるので、 そのせいで肌が普段より脂っぽくなってニキビができやすくなってしまうというものです。


いずれの場合も皮脂の分泌が一気に増えてしまうので肌のコンディションが崩れていると毛穴に詰まって角栓を作ったり、 アクネ菌のエサになってしまうのでニキビができてしまうという結果につながってしまいます。

ホルモンバランスの乱れによるニキビは予測可能!?

ホルモンバランスの乱れによるニキビは予測可能!? 黄体ホルモンの影響で皮脂分泌が増えて、肌が脂っぽくなってニキビができやすくなるというのは女性であれば誰もが経験済みなはず。


生理周期が安定していればの話になりますが、だいだいいつごろから肌の調子が崩れてくるとか肌の油っぽさが気になってくるというのがわかると思います。


そのため「そろそろ危ないかな?」と思ったら皮脂をコントロールするビタミンC美容液を使うようにしたり、ニキビケア化粧品に切り替えたり、 油分を補う量を抑えるなど事前に対策ができるはずです。


肌トラブルを予測して事前にニキビをつくらせないお手入れに切り替えておくと肌の調子が崩れる波の幅を最小限に抑えることができるので、それほど深刻な生理前ニキビには悩まされなくなると思います。


ストレスに対抗するためには副腎皮質ホルモンの分泌は不可欠ですし、黄体ホルモンの分泌も女性の体の仕組み上避けられないものです。 なのでホルモンバランスの乱れによるニキビや肌の調子が崩れるというのはある程度許容しなければいけないと思います。


ただ、あまりにもニキビが異常にできるといった場合は、体質的に問題がありそうですから「桂枝茯苓丸」「当帰芍薬散」といった漢方薬を使った インナーケアも考えたほうがいいかもしれません。低用量ピルも効果的だという声が多いですが、むしろ悪化したという声もあるので服用には注意が必要でしょう。


普段のスキンケアは、、 顎(アゴ)ニキビ&ニキビ跡を防ぐコスメ
Copyright © 2014 顎(アゴ)ニキビを治す方法~再発&ニキビ跡を防ぐコスメ発表· All Rights Reserved·