便秘がニキビ・肌荒れの原因になってしまう理由

便秘がニキビ・肌荒れの原因になってしまう理由

便秘になると肌の状態に影響がでるということを認識している人は多いと思いますが、なぜ便秘になるとニキビや肌荒れが起こるか説明できるという人は少ないと思います。


ということでなぜ?を簡単に説明すると、


・腸内に悪玉菌が増えることで活性酸素が発生する
・善玉菌が減少することでビタミンB群の合成が妨げられる
・毒素や老廃物の影響で血が汚れて代謝機能が低下する
・免疫力が低下するため炎症しやすくなる


といったことが起こってくるからです。肌の新陳代謝が落ち、皮脂が増えて活性酸素が活性化する肌環境になってしまうわけですから ニキビや肌荒れができてしまうというのは当然といえば当然といえます。


便秘の原因となるのは「偏食」「腸内環境の悪化」「自律神経の乱れ」「ねじれ腸(=腸の構造)」の4つがあるそうで、 運動しても水を飲んでもヨーグルトや玄米を食べても何をやってもよくならない場合、最後の「ねじれ腸」というケースが多いそうです。


ニキビ・肌荒れを防ごうと思ったら4つのなかから自分の便秘の原因を探りあてて適切に対処することが大切です。

腸内環境が悪玉菌優勢なら便秘でなくても汚肌になります。

腸内環境が悪玉菌優勢なら便秘でなくても汚肌になります。 毎日お通じがあるから便秘じゃないと考える人もいるようですが、コロコロしていて量が少ないとかニオイがひどいという場合は、 隠れ便秘の可能性もありますし、腸内環境が悪化している可能性が高いです。


腸は身体の免疫機能を司っている器官ですから、便秘ではなくても腸内環境が悪化していれば腸の鏡といわれる肌にトラブルがでてきます。 アトピー性皮膚炎が腸内環境に影響されるという話はそのひとつです。


ニキビ・肌荒れもアトピーと同じく炎症系の肌トラブルですから腸内環境が悪化していると、炎症が激しく悪化しやすいですし、 免疫力が落ちているので再発することも多いといえるんですね。


腸内環境の状態というのは基本的に便の状態とニオイでわかります。


いきまずに排便ができ、バナナサイズのものが2~3本出て、黄色~黄褐色で練り歯磨き程度の硬さ、そして腐敗臭ではなく酸っぱいような発酵臭がする便が毎日出ていれば腸内環境は善玉菌優勢といえそうです。


腸内環境をよくするための方法としてはオリゴ糖や乳酸菌、食物繊維など善玉菌が喜ぶものを摂取するといいといわれますが、 断食をして腸内をリセットした後にオリゴ糖や乳酸菌、食物繊維を摂取するとより効果的だといわれています。


普段のスキンケアは、、 顎(アゴ)ニキビ&ニキビ跡を防ぐコスメ
Copyright © 2014 顎(アゴ)ニキビを治す方法~再発&ニキビ跡を防ぐコスメ発表· All Rights Reserved·